本文へスキップ

コンサルタントエキスパートをサーチいたします

コンサルティング (Consulting) とは、企業(まれに行政など公共機関)などの役員(特に経営者が多い)に対して解決策を示し、その発展を助ける業務のこと。または、その業務を行うこと。社会的に、コンサルティング会社は、特定の事業に特化した事業会社とは区別され、コンサルティングファームと呼ばれる。
しかし、現在コンサルティング企業の業務範囲はまちまちで、問題の発見・提起だけを行う場合もあれば、対策案を実行して成果を出すところからその後の長期的な保守・運用部分まで責務を負う場合もある。
「戦略系」・「旧会計事務所系」・「IT系」・「総合系」などと系統を表現することもあるが、多くは、「コンサルティング企業」や「コンサルタント」と表現することも多く、その意味合いがあいまいになることも多い。
コンサルタントには、当該業務または業種に関する高度な専門知識もさることながら、観察・整理・構成・分析・指導・プレゼンテーションに関する高い能力、論理能力、広範な知識、体力など、さまざまな資質が必要とされるため、スキルを持ったコンサルタントは、引く手あまたの状態である。その一方、肩書だけのコンサルタントも多く存在し、スキルを見極める目も必要となっている。

コンサルティングファームの肩書・タイトル

  • 取締役クラス: バイスプレジデント、パートナー
  • 事業本部長クラス: アソシエイトパートナー、プリンシパル
  • 部長クラス: シニアマネジャー、ディレクター
  • 次長クラス: マネジャー
  • 課長クラス: シニアコンサルタント、アシスタントマネジャー
  • 係長クラス: アソシエイト、コンサルタント
  • 主任クラス: シニアアナリスト
  • 一般社員クラス: アナリスト、リサーチャー、プランナー

一般に、コンサルティングファームでは、一般企業で使うタイトル(課長、部長といったもの)は使用されず、上記のような独特な人事タイトルで階級づけを行うことが多いので、過信しすぎないこと。


対象となる業務

  • 経営コンサルティング
    M&A・他業種進出/撤退・資産流動化・分社化・社内カンパニー制・組織改革・新規事業開発・新商品開発など。経営コンサルタントを参照
  • 業務コンサルティング
    財務・税務・法務・コスト削減・人事・営業・調達・研究・生産・物流・環境・マーケティング・IT・企業ブランディングなど。
  • 業種コンサルティング
    建築・食品・外食・アパレル・機械・電気・流通・製造・不動産・物流・運輸・通信・金融・医療・環境など。

コンサルティングの対象業務によって、分類されることがあります。コンサルタント会社、コンサルタントは、それぞれ得意分野が存在することが多い。


コンサルティングファームの分類

  • 戦略系コンサルティング
    企業の全社戦略や、M&Aにおける事業統合のサポートなど、企業経営のトップに関わるコンサルティングを行う。
  • 総合系コンサルティング
    業務コンサルティングを多岐にわたって行う。経営戦略サービスを提供すると共に、人事戦略、M&A、法務分野、ITを中心にシステム導入、FAS(Financial Advisory Service)、特定業種別など多岐にわたるコンサルティングを行う。
  • IT系コンサルティング
    ITを切り口に顧客のビジネス・経営に関わるコンサルテーションを提供するコンサルティングファームである。IT戦略、ERP、CRM、SCMの導入コンサルティングなど、情報処理システムの構築も含めたコンサルティングを得意とする。
  • 人事系・人材開発系コンサルティング
    人事関連の課題を中心に扱う。人事系ファームでは報酬制度(月給制から年俸制に変更するなど)を新たに設計したり、法務分野にまで踏み込んで福利厚生・年金制度などの設計・運用までも手がけたりしている。また、企業の社員教育・研修や設備設計技術者教育・目標管理導入・同定着研修や評価者訓練・各種ライフプラン研修他グローバル組織人事戦略コンサルティング、さらに人材育成・人材開発コンサルティング、従業員福利厚生コンサルティング、グローバル組織人事戦略コンサルティング、人材育成・人材開発コンサルティング、従業員福利厚生コンサルティング業務などのサービスを展開する。
  • マーケティング系コンサルティング
    企業のマーケティング部署に助言を行なったり、調査の支援を行う。
  • ブランド戦略系コンサルティング
    企業のマーケティング部署にブランディングに関する助言を行う。
  • Webコンサルティング
    マーケティング領域の中で、発展・変化の激しいWeb・ITの世界におけるマーケティングや人材活用などを専門的に支援する。Webサイト制作やネットを媒体とした告活用、ソーシャルメディア・動画などメディアの活用、企そして業のWebマーケティング支援と人材育成が求められる。
  • 企業再生コンサルティング
    企業における直接材、間接材コストの削減を手掛けるコンサルティングサービス。 サプライヤーマネジメントでは、サプライヤーとの条件交渉、価格交渉を行い、ユーザーマネジメントでは業務改善(BPR)を中心にとした経営体質の改善を行う。
  • ERPコンサルティング
    ERP(企業資源計画or統合業務パッケージ)を製造、販売しているベンダー企業において、その導入をサポートするサービスを指す。
  • イノベーションコンサルティング
    経営改善はムダ取りや効率化ばかりになりがちだが、イノベーションにより価値創造や新規事業創出を支援する。新規事業の立ち上げやイノベーションマネジメントに関わる助言を行う。
  • 環境コンサルティング
    自然環境や気候変動、エネルギー、環境関連政策等のコンサルティングに関わる。
  • セキュリティコンサルティング
    システム監査やリスク管理、内部統制、情報セキュリティ監査、サイバーセキュリティといったセキュリティ領域において、大手セキュリティベンダーや監査法人を中心にセキュリティコンサルティングが実施されている。

上記以外にも、多岐に渡るコンサルティング領域が存在します。クライアントの課題に対して、アプローチすることには違いがなく、コンサルタントとクライアントが、一体となって課題解決を目指します。「戦略コンサルティング」は主に経営トップの支援を行い、全社的な課題を扱い、「業務コンサルティング」は企業の各部署が持つ課題を扱います。


コンサルタントの役職別平均年収

  • ビジネスアナリスト :  400万円
  • コンサルタント   :  600万円
  • シニアコンサルタント:  800万円
  • マネージャ     : 1,000万円
  • シニアマネージャ  : 1,200万円

コンサルタントの年代別平均年収

  • 20代前半 :  426万円
  • 20代後半 :  609万円
  • 30代   :  757万円
  • 40台以上  : 969万円

全世代でのコンサルタントの年収平均は、668万円。海外・外資のコンサルティング企業の場合、2000万円以上の年収も少なくありません。給料の額は徹底した「実力主義」のもとで決められることが多いようです。「コンサルタントとしてどのような案件を引き受け、どのような成果を残すことができたのか」ということが何よりも重視されています。


サーチファーム・ジャパンのサービス

サーチファーム・ジャパンでは、「コンサルタントエキスパート」エグゼクティブサーチ・ヘッドハンティング・採用支援において、確かな実績と支援体制がございます。


ご相談は、サーチファーム・ジャパン株式会社へ

WEBフォーム
メール
order@search-firn.co.jp
URL
http://www.search-firm.co.jp/
所在地

サーチファーム・ジャパン株式会社
102-0083 東京都千代田区麹町1-7 相互半蔵門ビル
お電話
03−3221−3481

参考・引用

コンサルティング(https://ja.wikipedia.org/wiki/コンサルティング)
平均年収.jp(heikinnenshu.jp)
転職会議(jobtalk.jp)

サーチファーム・ジャパン
株式会社

〒102-0083
東京都千代田区麹町1-7
相互半蔵門ビル2F

TEL 03-3221-3481
Mail order@search-firn.co.jp

サーチファーム・ジャパンとは

サーチファーム・ジャパン株式会社は2003年設立、国内エグゼクティブサーチ業界実績No.1を誇る和製ヘッドハンティング会社です。
採用成功率約90%、高定着率を保ち、国内の企業を中心に「日本の心」「日本の文化」を大切にエグゼクティブサーチ(ヘッドハンティング)にて人材紹介を行っております。


サーチファーム・ジャパンの3つの強み

1 産・学・官に跨る広範なネットワーク
国内外600名のカンパニーフェロー
2 卓越した黒子(ヘッドハンター)集団
様々な業界出身のヘッドハンター
3 独自のサーチシステム・ノウハウ
蓄積されたデータベース